top of page
検索

Response to "Who am I ?"

There is one theater.

It is me or something like me.

The theater has no end.

It spread widely, deeply and infinitely.


In the theater, there is one beautiful center.

The center beats rhythmically and dynamically.


Ton-Ton-Ton

San-San-San

Sun-Sun-Sun

Shin-Shin-Shin

Tsun-Tsun-Tsun


The view from the center is uncertain.

It is changing, moving, leaving, appearing.


It looks like the wave motion,

the balance of sound in the mountain

and the encounter of people in the city.


This is me or something like me.



そこに1つの劇場がある。

それが私、または私のようなもの。

その劇場はただの劇場ではない。

まるで、水平線の彼方を眺めるように際限がない。


その劇場の中心に、美しく、鮮やかな、それでいて不気味な、何か、

中心と呼ばれるにふさわしいところがある。

それは鼓動する。


クン、クン、クン、

スン、スン、スン、

ファン、ファン、ファン、

トン、トン、トン、

シン、シン、シン、


景色は移りゆき、変わりゆく。

それは海を覆う波動のように、森の音の調和のように、すれ違い出会う人々のように。


これが私、または私のようなもの。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワークショップ5日目 後半

2022.09.03 最終発表、その後の話 グループごとの劇の発表があった5日目。最後のグループの発表が終わった後、プログラムが終了したと思ったその瞬間、私たちは大きくて重い質問と向き合うことになりました。 自分とは違うバックグラウンドとアイデンティティを持つ他人と、どう接するべきなのか? この答えのない質問が与えられた過程、議論の流れ、皆が共有した思いと感情について記録したいと思います。 最後の

Comentarios


bottom of page