top of page
検索
  • Tidak

"I found world is so beautiful"

プログラムが終了した次の日に訪れた"Cantor Arts Center at Stanford University"

私は3枚の絵に強く心を動かされた。


この3枚の絵はこのプログラムを通じて私が感じた"身体""心""せかい"の感覚に似ていた。

したがって今回、この3枚の絵とともにプログラムを振り返りたいと思う。


1枚目: "身体"

Richard Diebenkorn Foundation "Resting"


プログラムでは、自分の身体、他者の身体に集中することが多かった。英語が拙いため言語以外の情報から相手からのメッセージを汲み取ろうしたからというのはもちろんだが、2,4,5日目の小木戸先生によるtheater work、3日目のPJさんによるTaiko Gathering、プログラム期間毎朝行われた瞑想の時間、これらで一層、"身体"に集中するようになった。


小木戸先生は「人それぞれ言葉を介さなくても身体からメッセージが伝わる」と2日目の最初に話した。最初はあまり実感を持って理解できなかったが、このプログラムを経てそれが理解できた。身体を通じて表現されるもの、その豊かさ、美しさ、に驚いた。


この絵から私は、まさにプログラムで感じた、身体から伝わる心の豊かさと同質なものを感じる。呼吸で膨れる胸、少し上がった肩、周りの環境に身を委ねる首から顎の上がり方、リラックスした目、その先には見る人の想像を掻き立てる無限の奥行きを感じる。


このプログラムを経て、せかいが一層、美しく感じられた。


2枚目: "心"

Richard Diebenkorn Foundation "Ocean Park"

今回のプログラム参加したスタンフォードの学生は8名、それぞれのバックグラウンドにそれぞれのストーリーがある。感性、感覚、受け取り方、伝え方が、日本にいるときは異なると感じたことも多かった。


プログラム最終日、シアターにおける、私も含む1つのグループの作品が物議を醸した。その作品はパフォーマーが意図せず、人種的なメッセージを含み、1人のスタンフォードの学生を深く傷つけてしまった。


深く傷つけてしまった。その傷は彼女の過去のありとあらゆる経験と感情に入り込み、ひしひしと傷む音が聞こえた。これまで経験したことのない感情だった。


話し合いを重ね、彼女は私たちを許してくれた。その目には深い傷の上に立つ、彼女の強さ、寛大さ、雄大さを感じた。


この絵から私は、プログラムを通じて感じた、感情の色、線、向き、塊、黒ずみ、鮮やかさ、美しさを代弁してくれたような気がした。


私はこの絵を、この心象を、今もそっと大事に、心に抱えている。

3枚目: "せかい"

Jiab Prachakul, Love From Three Continents (TX), Acrylic on linen, 2022, 140 x 200 x 4 cm. Image courtesy of Friends Indeed Gallery


私はこのプログラムを通じて、今まで知り得なかった、心、身体、せかいの奥行き、広さ、鮮やかさ、美しさ、豊かさを感じることができた。


"I found world is so beautiful"

最終日、スタンフォード大のマーフィー重松先生からの"このプログラムはあなたに何をもたらしましたか?"という問いへの応答として、私が置いた言葉だった。


しかし、このプログラムで感じたその美しさは、はかなくも、徐々に私の実感から遠ざかっていく。この絵は、そのような私の心象を表現していると思った。振り返ると、鮮やかに残る景色とあなたと私・・・。


最後に:

これから、まだ知らない"せかい"の美しさを知る旅に出掛ける。その"せかい"はいろんなところに潜んでいる。その"せかい"の美しさを発見するためには、まず私が周りの"せかい"に心を開き、自分の"vulnerability"を認め、"authentic"にいること、そこから私の意思で、私が見たいものに対して"intense"することが重要なのだと思う。


3枚目の絵を心にしまいながら、次なる"せかい"へと、これからも生きていく。

閲覧数:165回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Response to "Who am I ?"

There is one theater. It is me or something like me. The theater has no end. It spread widely, deeply and infinitely. In the theater, there is one beautiful center. The center beats rhythmically and d

ワークショップ5日目 後半

2022.09.03 最終発表、その後の話 グループごとの劇の発表があった5日目。最後のグループの発表が終わった後、プログラムが終了したと思ったその瞬間、私たちは大きくて重い質問と向き合うことになりました。 自分とは違うバックグラウンドとアイデンティティを持つ他人と、どう接するべきなのか? この答えのない質問が与えられた過程、議論の流れ、皆が共有した思いと感情について記録したいと思います。 最後の

Opmerkingen


bottom of page