top of page
検索
  • 執筆者の写真Ritea

ワークショップ4日目/ Workshop 4th day

更新日:2022年9月18日


今日のスケジュール

午前 : Kokido先生による内観ワーク

午後 : 身体で表現するシアターワーク


朝は皆で円を作るようにマットを並べ、YOGAのような内観ワークを行った。貝殻から香る線香の香りが体にすーっと入ってきた。呼吸に意識を向け、身体を開放する。大地を感じ、身体を癒す。飛行機や慣れないホテルで気づかぬうちに固まっていた身体、そして昨日までのワークを通しさまざまな感情をまとい少し疲弊していた心が、すっと軽くなったような気がした。


午後は4人1グループで5分間、各グループに託されたテーマを身体を使ったArtsで表現した。Lunchtime +60分という短い準備時間だったが、各グループ個性あふれる美しいArtsが仕上げることができた。私のグループのTheme は”Integration”. まずは、中庭でお昼を食べながら、各々の考える”Integration”をシェアした。それぞれ表現は多種多様だったが、この言葉に対する想いや考えていることは同じだった。だから、Heavenという曲と大体の構成が決まってからは、それぞれの思う演技やダンスをしていく中でどんどん形になっていった。孤独や辛さから、分かち合い , 思いやり、調和,そして愛を通してIntegrationへと移っていく、その過程を表現した。本番、機材トラブルでTake6まで撮ったが、メンバー全員が、より緊張感、集中力をもってこの世界観に入り込むことができた。

終わった後は、何か熱く柔らかいものが心の底から湧きでてきた。Team メンバー、観客、そして自分の心とHarmonyを感じたのかもしれない。Artsで表現することの美しさに対する感動かもしれない。ただ自分たちの心にあるIntegrationを体現できたことはわかった。Artsを通して他者、そして自分とのConnectionを感じることのできるワークであった。


Today’s Schedule


Morning : Naikan work by Kokido sensei

Afternoon : Theater work expressed through the body


In the morning, we lined up our mats to make a circle and did Naikan work like YOGA. The aroma of incense scented from the seashells entered my body so easily. Become aware of my breath and open my body. Feel the earth and heal my body. I felt as if my body, which had been stiffened unintentionally by the plane ride and the unfamiliar hotel, and my mind, which had been a little exhausted by the various emotions I had experienced during the previous day's work, became lighter and lighter.


In the afternoon, we were divided into groups of four and had five minutes to express our theme through body art. My group's theme was "Integration”. We had a short preparation time, but each group was able to create beautiful Art full of individuality. First, we shared our ideas of "Integration" over lunch in the courtyard. Each of us had a variety of expressions, but all of us had the same thoughts and feelings about this word. So, after the song "Heaven" and the general structure were decided, we were able to make our showcase smoothly based on the acting and dance suggestions that each of them came up with. We expressed the process of transition from loneliness and pain to integration through Share, Compassion, Harmony, and Love. Although in the show, it took us until Taking 6 due to equipment trouble, all the members were able to enter the world with greater tension and concentration.

After the performance, I felt something hot and soft welling up from the bottom of my heart, perhaps a sense of Harmony between the team members, the audience, and myself. Or maybe it was the beauty of expressing oneself through Arts. I don’t know what it is at the time but realized that it was a work that allowed us to feel the connection with others and ourselves through the Arts.



↑シアターワーク舞台裏


↑各グループの作品を振り返り感想などを共有中




閲覧数:64回2件のコメント

最新記事

すべて表示

Response to "Who am I ?"

There is one theater. It is me or something like me. The theater has no end. It spread widely, deeply and infinitely. In the theater, there is one beautiful center. The center beats rhythmically and d

ワークショップ5日目 後半

2022.09.03 最終発表、その後の話 グループごとの劇の発表があった5日目。最後のグループの発表が終わった後、プログラムが終了したと思ったその瞬間、私たちは大きくて重い質問と向き合うことになりました。 自分とは違うバックグラウンドとアイデンティティを持つ他人と、どう接するべきなのか? この答えのない質問が与えられた過程、議論の流れ、皆が共有した思いと感情について記録したいと思います。 最後の

2 תגובות


אורח
18 באוק׳ 2022

グループでのシアターワークでintegration に取り組んだ貴女へ


終えた後で「何か熱く柔らかいものが、心の底から湧き出てきた。team メンバー、観客、そして自分の心とHarmonyを感じたのかもしれない。」とありますが、広く深いintegration が、その場全体やグループだけでなく、ひとりひとりのメンバーの内にも生じていたのでしょうね。


こうした想いや感動は、身体やアートとはむしろ無縁で、理性や知性を大いに働かせる、ふだんの教室での例えばグループ•プレゼン成功時の感動とは、また違うのでしょうか?どう違うのだと思いますか?


かつて授業でコラージュや描画を取り入れた者としては、嬉しい振り返りでした。

לייק

Imoto Yuki
Imoto Yuki
25 בספט׳ 2022

アートを通じて表現することのよろこびが、伝わってきます。

Riteaさんの身体表現は、力強く、のびやかな意志を感じました。

לייק
bottom of page