top of page
検索
  • 執筆者の写真Ritea

プログラムを終えて-新たな自分との出会い-

更新日:2022年10月14日


渡米前の最後のワークショップにて発表した目標


"オープンな心をもって、多様な文化、価値観、マインドを受け入れ、Artsを通した他者と関わりの中で、新しい自分に出会うこと"


とは言ったものの、新しい自分に出会うとはどのようなことだろうか。そもそもどうやって”新しい自分の存在”に気づくのだろうか。

言葉にはしたものの未知でしかなかった目標だったが、このプログラムを終えた今、心の中で実現されたように思う。



具体的には、”ハートの奥にある、柔らかい心の存在に気づくこと” ができたのではないかと感じている。そしてこれこそ、vulnerabilityであったのではないか振り返る。


どのような姿か想像することができなかった”新しい自分”とは、心の中に詰まっていたものなのだと知ることができた。そして、このプログラムは、柔らかい心の存在に気づかせてくれただけでなく、そんな心がもう少し自由に外に出てこられるよう、トンネルの入り口を作ってくれたと振り返る。


オープンな心をもって、多様な文化、価値観、マインドを受け入れること



スタンフォードの学生は、自分のバックグラウンドや悩み、嬉しいこともや辛いことも、感じていることや考えていることを包み隠さずオープンに話してくれる。

これは自分にきちんと向き合い、これらを真摯に受け止めているからそ可能なこと。

そんな姿に応えられるよう、心を開いた状態でいることを意識した。


ただこれは難しかった。特に、自分の内にあるものを外に出すとき。言語の壁はもちろん、文化や考え方の違いから、どう捉えられるのか分からない中で、自分の心をオープンに伝えることはなかなか勇気のいることであった。自分の内なるものをまだあえて出す必要はないんなじゃない?といったブレーキをかける自分が、内なるものを少し客観的に見る自分がいた。

しかし、このプログラムの最大の特徴である、ノンバーバールなコミュニケーションが、そんな私を助けてくれた。「輪」を作ったキャッチボール、コラージュ、シアターワークなど、言葉を交わさずとも、同じ空間で



Artsを通して、他者と関わる


ことができたことで、固く狭くなっていた私の心の道が、徐々に広がっていった。

さまざまな形でよういされたノンバーバルなコミュニケーションでは、そっと私の柔らかい心の近くにたどり着き、届けてくれる、そしてまた帰ってくる。


今回のプログラムで、心がジーンと熱くなった瞬間が2度あった。

1度目は初日のシアターワーク。額と手のひらを介して他者と繋がった時。

2度目は4日目のシアターワーク。チームのテーマであるIntegrationを表現し、チームメンバーそして、聴衆と繋がった時。

ただの伝達ではなく、内なるものの行き来を心で感じ、他者とのつながりに気づいた瞬間だった。


同時に、Artsの美しさを感じた場面がいくつもあった。


初日のシアターワークで音楽に合わせた小木戸先生の踊り

木の周りに並び光と自然に包まれたコラージュ

先祖と大地とのつながりを感じさせる太鼓の響きと振動

リズム、声、踊りと他者との関わりが調和したシアターワーク


心だけでなく、目や耳や鼻、そして皮膚までも通して、伝わるものがあった。Artsだからこそ、心にストレートに届く。言葉では表せない美しさ、その感動は今でも鮮明に残っている。


新しい自分に出会うこと


柔らかい心の存在。ふんわりとしていて、ほんのり温かく、なんでも吸収してしまうスポンジのような感じがする。か弱く、どうにでもなってしまうかもしれない。ただ心の奥にはしっかりと存在していて、いつもは周りに囲まれ、隠れている。この心はなんだろうか。マインドフルで、安心した状態の時だけ、ちょこっと顔を出す。だけど、おそらくここから私の感情は生まれていて、私の芯となるものなのだろう。


最終日の夜、


自分の心に聞きなさい。

心が動かされるものに従いなさい。

それが分からない時は、まだその時ではないから

わかるまでゆっくりと向き合えば大丈夫。


もっと豊かで丁寧で美しい表現だったが、このような言葉をかけていただいた。

今回のプログラムで出会えた ”柔らかい心”

この”柔らかい心”とどう向き合うのか、プログラムを終え、これからの私に提示されたものではないだろうか。

who am I ?という問いに対し、この心に耳を傾け、他者とのつながる。 ”柔らかい心”の声が聞こえたとき、それがHeartfulnessな状態なのかもしれない。


最後に、このような学びを得ることができたのは、最高のマインドフルでいられる環境があったからだと思う。


そんな環境を作ってくださった先生方や運営に携わって下さった方々、短いようで濃密な時間を一緒に過ごしてくれた慶應生とスタンフォードの学生のみんな、そしてスタンフォードの豊かな自然やキャンパス、そのほか関わって下さった全ての方々にこの場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。





The goal I presented at the last workshop before coming to the U.S.


"With an open mind, accept diverse cultures, values, and mindsets, interact with others through Arts, and encounter the new me.”


But what does it mean to encounter a new me? How can I become aware of the "existence of the new me” in the first place?

This was a goal that I had expressed in words but had never known, but now that I have finished this program, it seems to have become a reality in my mind.



Specifically, I feel that I was able to "become aware of the existence of a soft heart deep within my heart.”And this is what "vulnerability" was all about.



I was able to know that the "new me," which I could not imagine what it would look like, was something that was stuck in my heart.

This program not only made me aware of the existence of a soft heart but also created a tunnel entrance for that heart to come out a little more freely.


With an open mind, accept diverse cultures, values, and mindsets,


Stanford students are open about their backgrounds, worries, joys and pains, and what they are feeling and thinking without hiding. This is possible because they face themselves and sincerely accept their feelings and thoughts. To respond to this attitude, I made a conscious effort to keep an open mind.


However, this was difficult. Especially when I had to let out what was inside of me. It took a lot of courage to openly share my heart, not only because of the language barrier but also because of differences in culture and thinking, not knowing how it would be perceived.

I realized that there was a part of me that prevents me from letting out my inner self yet or thinking of myself from the inner side.


Then, non-verbal communication, which is the most important feature of this program, helped me.Catching a ball in a "circle," collage, theater work, etc., without only exchanging words. In the same space,


interacting with others through the Arts


gradually widened the path of my heart, which had been stiffened and narrowed.

The various forms of non-verbal communication gently reached close to my soft heart, delivered it, and then returned.

Two moments in this program made my heart warm.

The first was the theater work on the first day. When we connected with others through our foreheads and palms.

The second was during the theater work on the fourth day. When I expressed the team's theme, Integration, and connected with the team members and the audience.

It was not a mere transmission, but a moment when I felt the coming and going of something inside my heart and realized the connection with others.



At the same time, there were many moments when I felt the beauty of the Arts.


The moment Kokido sensei danced to music during the theater work on the first day

The collage lined up around the tree, surrounded by light and nature

The echoes and vibrations of the taiko drums remind me of the connection to the earth and our ancestors.

Theater work that harmonized rhythm, voice, and dance with the interactions with others


There was something that was conveyed not only through the mind, but also through the eyes, ears, nose, and even the skin.

It reached straight to the heart because the way is Arts. I cannot express the beautifulness in words. The impression left is still vivid in my mind.


Encountering the new me


The existence of a soft heart. It is soft, slightly warm, and like a sponge that absorbs everything. It may be fragile and uncontrollable. But deep down inside, it surely exists, usually surrounded and hidden. What is this mind? Only when I am mindful and in a state of peace of mind, it shows its face a little bit. But perhaps this is where my emotions come from, and it is the core of who I am.


On the last night.


Listen to your heart.

Follow your heart’s voice.

If you don't understand it, it's not time yet.

It's okay to face it slowly until you find it.

These words were told to me.

The "soft heart" I encountered in this program.

How to face this "soft heart" is what was presented to me after this program.

"Who am I?" Listen to my heart and connect with others. When I could hear the voice of my "soft heart," I may be in a state of Heartfulness.



Finally, I guess that I was able to learn these things because of the environment that allowed me to be mindful in the best possible way.


I would like to thank the professors and people involved in the management of this program, all the Keio and Stanford students who spent a short but intense time with me, the rich nature and campus of Stanford, and all the other people and things that were involved. Thank you very much.













閲覧数:41回1件のコメント

最新記事

すべて表示

Response to "Who am I ?"

There is one theater. It is me or something like me. The theater has no end. It spread widely, deeply and infinitely. In the theater, there is one beautiful center. The center beats rhythmically and d

ワークショップ5日目 後半

2022.09.03 最終発表、その後の話 グループごとの劇の発表があった5日目。最後のグループの発表が終わった後、プログラムが終了したと思ったその瞬間、私たちは大きくて重い質問と向き合うことになりました。 自分とは違うバックグラウンドとアイデンティティを持つ他人と、どう接するべきなのか? この答えのない質問が与えられた過程、議論の流れ、皆が共有した思いと感情について記録したいと思います。 最後の

1 Comment


Guest
Oct 16, 2022

心の奥に隠れていた「柔らかい心の存在に気がついた貴女へ


日本語も英語も素晴らしく、詩のような繊細な柔らかさと同時に自分を見つめる確かな意志を感じました。


トンネルを通って、より広い多様な世界へと漕ぎ出すとき、ドキドキ、ワクワク、ソワソワ、はてな、、、と色んな想いに揺すぶられるでしょうが、それら全てを受け入れてご自分のペースを大事にしながら、一つ一つに船出を楽しんで下さいね!

Like
bottom of page