top of page
検索
  • 執筆者の写真YN

ふりかえり

更新日:2022年9月16日


 鎌倉でのワークショップ後、決意表明として、渡米後の目標をブログに綴った(写真)。プログラムが終わった今、この目標が達成できたのか、改めて自分に問うてみたい。



                      8/4投稿 他者視点の受容/自己受容より


 

 結論から言えば、7割達成できたと感じている。あえて3割残したのは、”他者の視線を受け入れる”ことが感覚的であるため、今回その感覚を手に入れたからといって、これから先、この感覚をずっと維持できる訳ではないと思ったためである。逆に、7割達成できたと感じたのは、最終発表の直前に行ったほんの2,3分の瞑想の中で、普段はどうやっても落ち着かない心拍数を、自力で下げ切ることができたからだ。人の視線に晒されることを意識しつつ、自分の中に目を向けることができた。この時イメージしていたのは、この数日間で学んだ、感じてきた、エネルギーの流れ。上は宇宙の彼方、下は地中の奥深く、そして前後左右は周りにいる他者や自然。これらと私の身体の間で行われる絶え間ないエネルギー循環の中に”自分”が存在しているという意識を持つ。そうすると、心が自然と静かな海のように穏やかになる。太鼓から返ってくる音の波が次第に消えてくいように、強ばった心と身体から力が抜けていく。peacefulな空間を纏うことができるのだ。言葉で書くとどうも分かりにくく、かつ胡散臭くなってしまうのが悲しいのだが、そんなノンバーバルなものをイメージすることで、だけで、マインドフルな状態に一歩近づけた気がした。


 とはいえ、今回のプログラムで得られたのはあくまで方法論であって、マインドフルな状態そのものではないと私は思っている。この後、真にマインドフルになれるかは自分次第だ。日常の中で、これまで自分を追い詰めるのに使っていた時間を、自分の心の奥底にある、柔らかい部分をケアすることに使う。”忙しい”という言葉で、非生産的な楽しさを覆い隠さないよう、ちょっとだけ捉え方を変えてみる。これから少しずつ、私らしく、時には寄り道もしながら、一歩一歩、歩んでいきたい。


 個人的に大ヒットだった、太鼓道場での絵を添えて。



 

閲覧数:53回1件のコメント

最新記事

すべて表示

Response to "Who am I ?"

There is one theater. It is me or something like me. The theater has no end. It spread widely, deeply and infinitely. In the theater, there is one beautiful center. The center beats rhythmically and d

ワークショップ5日目 後半

2022.09.03 最終発表、その後の話 グループごとの劇の発表があった5日目。最後のグループの発表が終わった後、プログラムが終了したと思ったその瞬間、私たちは大きくて重い質問と向き合うことになりました。 自分とは違うバックグラウンドとアイデンティティを持つ他人と、どう接するべきなのか? この答えのない質問が与えられた過程、議論の流れ、皆が共有した思いと感情について記録したいと思います。 最後の

1 Comment


Imoto Yuki
Imoto Yuki
Sep 25, 2022

「上は宇宙の彼方、下は地中の奥深く、そして前後左右は周りにいる他者や自然。これらと私の身体の間で行われる絶え間ないエネルギー循環の中に”自分”が存在しているという意識を持つ。」YNさんの文章からもその循環が感じられました。


プログラムで得た、エネルギーの循環の中の「私」の意識の感覚は、これからはいつでも思い出せばそこにあるものですね。

Like
bottom of page